RSS2.0
本校のプログラミング教育で使用させていただいているエルモ社「スコッティ・ゴー!」の使用事例紹介として、木村主幹教諭がエルモ社の出展ブースに登壇しました。今年の展示会は幕張メッセで行われていましたが、校務との兼ね合いとコロナ禍での実施もあり、学校の放送室から「ZOOM」での出演となりました。 30分間、鴻巣市や本校の概要紹介、本校のプログラミング教育への取組紹介と、「スコッティ・ゴー!」や実物投影機MA-1の活用について紹介しました。木村主幹教諭、これまでも校内で配信動画やライブ配信等に関わってきたので、アナウンサーのように落ち着いて分かりやすく話していました。現場の幕張メッセのブースからも好評だったとお話をいただきました。エルモ社の関係者の皆様、ありがとうございました。
校長室で飼っている2匹のザリガニ。 「校長先生!1匹食べられている!」水替えを頼んだ4年生の児童の言葉に、思わず「えぇ!」と声をあげました。水槽の隅に無残な姿になった1匹のザリガニの姿が…「あぁ…餌が足らなかったのかな…」と悲しい気持ちで水槽を持ち上げてみると、沈めた植木鉢の下に、元気な2匹の姿がありました。よくよく見てみると、「無残な姿」は、脱皮した抜け殻でした。今期2回目の脱皮。脱皮したての抜け殻は色も赤く、見間違ってしまったのです。一安心。 下の写真は左が1回目の抜け殻、右が2回目の抜け殻です。折れてしまった右のハサミが再生されてきています。   そして、さらに 「校長先生、お腹がすごいことになってます!」「おぉ!これは卵だ!」オスだと思って入れていたザリガニが、なんとメスでした。そして、すごい数の卵を抱えていたのです。卵の見た目はキャビアです。数日後にはたくさんの赤ちゃんザリガニが生まれてくると思います。楽しみです。最後に「校長先生は、ザリガニの二つの大きな出来事を見のがしていたんだ…。」と4年生児童に言われてしまいました。返す言葉がありませんね。  
運動会の全体練習で開会式、閉会式の確認等を行いました。時間短縮のため、入場行進は約40mほど前進してくるだけとしました。短い距離ですが、一生懸命さが伝わる行進ができればと思います。   おまけ:体育館の上によくとまっている「アオサギ」です。初めて見る人は「あれは、本物?それとも飾り?」と思うことが多いようです。じっと東の方角を眺めています。下にプールがあるので、魚でもいないか探しているのかもしれませんね。
鴻巣市内陸上競技大会に向けての練習がスタートしました。 今日は、結団式を行った後に、1回目の種目別練習を行いました。 結団式では、陸上競技大会に向けての心構えを校長先生からお話しいただき、代表児童が陸上競技大会に向けての思いを発表しました。 今年度は、新型コロナウイルスの影響で、様々な行事が縮小されてきた中、やっとの思いで開催が決定した陸上競技大会。6年生は、それぞれが自分の目標に向かって努力していきます。開催できることに喜びと感謝の気持ちをもって、頑張ってほしいと思います。6年生!頑張ってください!  
本校の卒業生である二人の大学生の教育実習が始まりました。(1-2、3-2) 新型コロナウイルスの関係で、各学校が教育実習生の受入れについて慎重になる傾向があり、国からも教育実習について免許取得上の特例措置が示されています。 ただ、教員になるために必要なことを学ぶ教育実習の大切さ、何よりも「自分の夢に向かって」という希望を大切にして育ててきた本校の卒業生を、学校としては応援すべきという考えより、例年通りの教育実習を行います。 実習生の先生には、本校の感染予防対策への理解と実践に留意していただき、子供との距離感はこれまでの実習生より感じてしまうかもしれませんが、それらも含んで学んでほしいと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします。