RSS2.0
来年度から始まるプログラミング教育に備え、1年生でプログラミング教育に関わる授業を行いました。 エルモ社様の御協力をいただき、実物投影機(MA-1)と「Scottie Go!」というソフトを使用しました。このソフトでは、チャート図のようなカードを使って、登場するキャラクターに動きの命令を出します。班ごとにカードの組み合わせを考えながら、プログラムを組んでいきました。子供たちは、新しいプログラミング教材にとても楽しく取り組んでいます 1年2組では、授業参観でも実施しますので、ぜひご覧ください
「放課後こども教室」でバルーンアートを行っていました。子供たちは、プードルやキリンを一生懸命に作っていました。風船が割れるかも…とドキドキしながら作り始めたようですが、慣れてくると大胆に風船をひねっていました。御指導ありがとうございました😊
朝の熱中タイムでは、第2回長縄大会が開かれました 各学年、前回の水曜日よりも記録を伸ばしてきましたね!最高記録が300回を超えてきたクラスもありました 次回は、19日(水)です! 次の目標は何回でしょうか?来週が楽しみですね 本当のコツは…「努力あるのみ」です!
本日4回目の「校長先生との会食」となりました。6年生にとって、校長室で校長先生と一緒に給食を食べることは特別な時間となっているようです。初めは、やや緊張気味の子供たちも、次第にリラックスし、隣の職員室にまで笑い声が聞こえるほど、とても楽しそうに会食をしていました 1組の児童がすべて終わりましたので、次回は2組の児童が会食します。楽しみですね
    昨日の昼休みに、「ダンス・なわとびクラブ」による発表会がありました。「LIKEY」他2曲に合わせ、自分たちで考えたダンスやリズムなわとびを発表しました。発表している子供たちだけでなく、見ている子供たちや先生方にとっても、楽しくすてきな時間となりました
穏やかな冬の空に「たこ」があがりました。空を見上げながら、子供たちは歓声を上げていました。大空に舞い上がっている「たこ」よりも高く、いつか自分で羽ばたいていく子供たち…、「どうか真っ直ぐ元気に育ちますように!」と願うばかりです
2月4・5日に、、「歯の学習」を行いました。鏡を使って自分の口の中を見てみると、歯が生え変わって永久歯が増えていることに気づきました。薬を使ってもう一度鏡を見ると、磨き残しがあることに驚いていました。歯の学習は「歯っぴーファイル」を用いて6年間を通して行います。しっかり歯磨きをする習慣をつけましょうね。
お雛様を飾る時期は、立春から2月中旬にかけてがよいと言われています。立春前日の 節分で豆まきをして厄を払ったあとに飾る御家庭も多いようですね 本校でも、『子供たちが健やかに育ち、幸せになって欲しい』という願いを込めて、雛人形の飾りつけを昇降口前で行いました 子供たちが「大き~い!」「すごーい!」と集まってきましたよ
令和2年度入学の新入生説明会を実施しました。 学用品の購入から入学前に必要な心得や準備、PTA活動等についてお話をさせていただきました。 御参加いただきました保護者の皆様、本日は朝早くからありがとうございました。 入学まで残り2か月余りとなりましたが、お子様のご入学を職員一同心待ちにしております
  「健康な心と体をつくろう」 今月の生活目標について、保健委員会の児童がクイズやアンケート結果をもとに「健康な心と体を保つためのポイント」を、分かりやすく全校児童に伝えていました。児童一人一人が、自分の体と心を見つめ、大切にしてほしいと思います 「過ちを改めざる、これを過ちという」(論語より) 今月の校長講話は、論語の中の孔子の言葉を引用したお話です。この言葉は「間違ったことや自分のよくない部分を直そうとしないこと。これこそが本当に間違った悪いことである」という意味です。 立春を迎え、次の学年または学校へ進むまでの間、児童が登校する日数は30日余りとなりました。次年度という大きな節目を迎える大切な時期に、自分を振り返り「改めるべきところは改める努力をして、伸ばすべきよさはさらに伸ばしていくように生活してほしい」という願いを込めたお話でした。以前、連絡帳に貼った「しっかりと自分を見つめること」のプリントも確認しながら振り返れるといいですね    
上尾税務署の方々の御指導により、税金について学ぶ「租税教室」を行いました。 税金には、どんな種類があるのか、税金がもしも無くなったらどんな世の中になるのかを学びました。 税金の大切さを学ぶとともに、1億円の重さを児童一人一人が確認してみましたその重さ以上の税金の大切さの重みに触れた、有意義な時間になりました
ブックアドバイザー(学校応援団)の方々による、「読み聞かせ」。子供たちも楽しみにしていて、本の世界に入り込んでいます。今、子供たちの周りには様々な「楽しいもの」があふれていますが、本の世界に広がる素晴らしい世界が育む豊かな感性や想像力、大切にしたいですね!
1月30日(木)、クレアこうのすに子供たちのすてきな歌声が響きました 子供たちは、「これまでの練習の成果を発揮しよう」「聴いてくださる方に思いを届けよう」など、それぞれのめあてをもって臨みました。子供たち一人一人の思いが、合唱(斉唱)や合奏(合奏唱)という形で表現されました。各学年の良さがとても伝わった、心に残るすてきな音楽会となりました 今年は、職員も合唱を披露しました。教頭先生の”熱い”指導のもと、放課後に練習をしてきました。学校は、負担軽減のための業務改善から様々な活動を見直しているところですが、「大切にすべきものは何か」という大切な気づきがありました。 お忙しい中、子供たちの発表をお聴きくださいました皆様にも感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございました    
国語科「ものの名まえ」の学習のまとめとして、おみせやさんごっこをしました。 子供たちは、「いらっしゃいませ。」「何にしますか?」と目を輝かせながら活動していました。電気屋さんや魚屋さん、文房具屋さんなどのお店が並んで、教室が商店街になっていました  
いよいよ来週が本番となります。 1年生にとっては、初めての音楽会です。一生懸命練習に取り組んでいます。5年生は、高学年としてきれいなハーモニーを響かせながら練習に励んでいます。当日の発表がとても楽しみです。
  校内音楽会に向けて、2年生、4年生の練習の様子です。 2年生は体を動かしながら楽しく歌っています 4年生は、以前よりも少し大人になった歌声を響かせていました 音楽会当日「クレアこうのす」での子どもたちの歌声をぜひお楽しみに!!
鴻巣市の市名の由来といわれるコウノトリについて、その生態や歴史、そして、コウノトリが生息できるような自然環境を守るためにはどうしたらよいか等について、埼玉県こども動物自然公園の藤嶋様をゲストティーチャーとして学びました。コウノトリが食べるものにたどり着くまでの動植物のつながりを、段ボールで作られた教材を使いながら考える活動を通して、互いが深く関連している生態系の仕組についても学びました
5年算数「正多角形」の学習において、プログラミング教育の授業研究会を行いました。スクラッチを使用して、正八角形と自分が決めた正多角形を描く活動を主として行いました。授業者の佐藤先生には、教科におけるプログラミング教育の行い方について、今後の実践に繫がる貴重な授業を提供していただきました。
(株)エルモの方にお世話になり、プログラミング教育の教材である「スコッティ・ゴー」の研修を行ないました。 命令の書かれたカードを目的に応じて机の上に並べていき、そのカードを書画カメラ(MA-1)で読み取ると、カードの命令通りに書画カメラのモニター上でキャラクターが動き、課題をクリアしているか判定されるものです。 画面上で行うプログラミングよりも、数人で行う協同的な活動として行ないやすい特徴があり、先生方もワイワイと楽しみながら取り組んでいました。子供たちが楽しく学べるイメージも持てましたので、今後の授業で実践していきたいと思います。 (株)エルモ様、今後ともよろしくお願いします。 スコッティ・ゴー https://www.elmo.co.jp/info/PR/product/190927_ELH_ScottieGo_release.pdf